A2Aの薬の内容の復習(7.A2A受容体拮抗薬による効能(研究) その2)

前回の説明の続きです。

A2Aの薬の内容の復習(1.A2Aの開発品としての説明 その1)
A2Aの薬の内容の復習(1.毒性リスクの低減 その2)
A2Aの薬の内容の復習(2.開発品のメリット その1)
A2Aの薬の内容の復習(2.開発品のメリット その2)
A2Aの薬の内容の復習(2.開発品のメリット その3 + 3.前臨床結果(ADHD))
A2Aの薬の内容の復習(4.競合薬(ADHD)について)
A2Aの薬の内容の復習(5.がん免疫療法について その1)
A2Aの薬の内容の復習(5.がん免疫療法について その2)
A2Aの薬の内容の復習(6.A2A受容体拮抗薬への期待)
A2Aの薬の内容の復習(7.A2A受容体拮抗薬による効能(研究) その1)

今回もがん免疫療法について説明を。

とりあえずは去年のR&D Day 資料(そーせいHP)が一番詳しく書いてありますので、
こちらを中心に確認したいと思います。

過去のA2A関係の記事はこちら。

そーせい 予定・予想スケジュール(まとめ 呼吸器、ノル・ロラ、Mシリーズ、A2A)
そーせい 予定・予想スケジュール(草案4 A2A)
A2Aの臨床開始IRを受けて

注意

もしもおかしな点があれば、ご連絡をお願いします。
(たぶん空回りしない投資へ(PC用?)のどこかの記事に
コメントを頂ける方が確実に反応できます。)

広告

7.A2A受容体拮抗薬の効能(研究)

p.40の右下のグラフを参照下さい。
再度グラフの水準を載せておきます。

4つの線の説明から。
A.Control ⇒ 何もしていない
B.mAb CTLA4 ⇒ CTLA4を標的にしたモノクロナール抗体(mAb)を投与(?)
C.A2A ant ⇒ A2A受容体の拮抗薬(ant)を投与(?)
D.A2A ant + mAb CTLA4 ⇒ 上記2薬(?)の併用

7-2.図(研究結果)を見ての考察

mAb CTLA4がざっくりわかったところで、
p.40の図を再度見てみましょう。

横軸が実験を開始しての経過日数(days)、
縦軸が腫瘍の大きさ(mm^2)を示していると考えられます。

何のガンを使った試験なのかが原文を見ないとわかりませんが、
この研究で用いられたがんの結果では、
D.併用 > C.A2A拮抗薬 >> B.CTLA4モノクロナール抗体 > A.コントロール
となっていますね。

もう少し細かく図を見てみます。

7-2-1.およそ1週間後(7~11日後)

コントロール(何もしていない)自体がそれほど広がっていないため、
CTLA4もA2Aも効果があるかどうかわからないですね。

7-2-2.およそ2週間後(14日後)

コントロールの大きさが加速度的に上がっていますね。

毎日・毎時間一定の比率で大きくなっていると思われますので、
縦軸をlogで取ればほぼ一定なのかなと推測されますが、
図をわかりやすくするために今回はそうしていないのかな?

注目すべきはA2A拮抗薬を単体で適用した場合に「**」(有意水準p < 1%)が、
併用なら「***」(有意水準p < 0.1%)が出ていることです。

この有意水準の数字は対コントロールと考えるべきと思いますが、
ちゃんと記載されていないのでよくわかりません。

ただ、どっちとひかくしていたにせよ、
このレベルの差があれば、
実験の結果に祈りや想いが含まれにくい差であります。

CTLA4はコントロールよりも低い傾向は続いているものの、
有意水準に現れるほどの差では無い様子。(仮)

A2Aの効能がそれほど大きいことが伺えます。

広告

7-2-3.およそ3週間後(17日後)

コントロールは大きくなりすぎて止めてますね。
そして、CTLA4もコントロールの14日後程度の大きさを超えてしまいました。

一方で、A2A拮抗薬では
単体で適用した場合に「***」(有意水準p < 0.1%)が、
併用なら「***#」(有意水準p < 0.01%?)が出ていることです。

同レベルの大きさ(400mm^2)までの到達日数で比較しますと、
コントロールが11日前後、CTLA4は12日前後、
A2A単体は14日前後、併用は17日前後となります。

この視点で考えると、
CTLA4は1割程度、A2A単体は3割程度、併用は6割弱の
成長抑制効果とも見なせそうです。

単純に何もしない場合に余命2年の状況だと仮定すると、
CTLA4で3か月弱、A2A単体で8か月弱、併用で12か月以上の
延命効果があると類推されます。

本当はこういう見方は正確じゃないとは思っていますが、
イメージとしては大事と思っていまして、
CTLA4では副作用等を考えると闘病を諦めてしまうかもしれませんが、
A2A単剤、併用系では十分に治療のモチベーションが上がる効果だなと感じます。

2016年7月18日 記述

広告

A2Aの薬の内容の復習(7.A2A受容体拮抗薬による効能(研究) その2)」への5件のフィードバック

  1. ピンバック: A2Aの薬の内容の復習(7.A2A受容体拮抗薬による効能(研究) その3) | 空投資家の備忘録

  2. ピンバック: A2Aの薬の内容の復習(7.A2A受容体拮抗薬による効能(研究) その4) | 空投資家の備忘録

  3. ピンバック: A2Aの薬の内容の復習(8.A2A受容体拮抗薬の開発について雑感 その1) | 空投資家の備忘録

  4. ピンバック: A2Aの薬の内容の復習(8.A2A受容体拮抗薬の開発について雑感 その2) | 空投資家の備忘録

  5. ピンバック: A2Aの薬の内容の復習(8.A2A受容体拮抗薬の開発について雑感 その3) | 空投資家の備忘録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です