肝臓について(6-2.肝機能を調べる血液検査2)

肝臓についての調査の続きです。

今回は肝機能を調べる際の血液検査を中心に。
その2になります。

その1では肝臓障害によるものでしたが、
今回では肝機能を中心に。

参考・引用先は主にこちらです。

肝硬変の栄養療法の考えかた(大塚製薬HP)

肝臓(中外製薬)

かんたん! 肝臓のしくみ(肝機能ナビ)

肝臓とは(よくわかる肝臓の病気 疾肝啓発)

肝臓(Wikipedia)

肝臓のしくみとはたらき(コトバンク)

Q. 肝機能検査値の異常とは、具体的に何を指しますか?(C型肝炎)

その他資料(図解でわかる肝臓病等)をみながら説明します。

広告

6.肝機能を調べる血液検査

色々と数値指標はあるわけですが、
今回挙げるのは12種類の特数値ですが、
肝機能に直接的に影響する6種類について書きます。

6-7.総タンパク
6-8.アルブミン
6-9.血小板
6-10.コリンエステラーゼ(ChE)
6-11.プロトロンビン時間
6-12.γ-グロブリン

6-7.総タンパク

基準値:6.6 g/dL

総たんぱくとは、血液中に含まれているたんぱくの総称です。

食事から摂取したタンパク質は
体内でアミノ酸に分解されて肝臓で各種のタンパク質に合成、
血液中に放出、全身で利用されます。

この数字が低下することは、
肝機能の低下でタンパク質の合成が十分に行われていない
という指標になります。

6-8.アルブミン

基準値:3.8~5.3 g/dL

肝臓で作られる血清タンパク質の1種で、
総たんぱくの50%以上を占めます。

アルブミンは水分調整をする働きも持っていて、
肝臓機能低下で不足すると
水分が血管の外に出してしまい、
足のむくみや腹水等が発生する原因になります。

慢性肝炎、初期の肝硬変ではあまり変動しませんが、
肝硬変が進むと減少し、
アルブミンも3.5 g/dL⇒3.0 g/dL、さらには2.0 g/dL台になります。

6-9.血小板

基準値:14万~34万/μL

骨髄で作られて、脾臓で壊されます。
体内では出血を止める働きを担います。

肝硬変になると脾臓への血圧が異常に上がってしまい、
その結果血液の血球が破壊されてしまいます。

それで血小板が減少するわけです。
血流が悪化することも血小板の減少を。

骨髄の指標(血液疾患)に感じるかもしれませんが、
実は最も強力な肝の線維化の指標です。

肝生検検査は容易にできないため
肝線維化の進展を血小板を用いて予測することが可能です。
(よくわかる!肝機能ナビより)

広告

6-10.コリンエステラーゼ(ChE)

基準値:男性:234~493 IU/L 女性:200~452 IU/L

肝細胞でのみつくられる酵素で、血液中へ放出されて身体中に存在しています。
肝硬変等で肝機能が低下すると減少します。

脂肪肝の場合は逆に増加することがわかっています。
栄養過多で増えちゃうわけです。

男女で違うのは肝機能が性別で違うからかもしれませんが、
その点はよくわかりません。

6-11.プロトロンビン時間

基準値:10~12秒

肝臓で作られる血液凝固因子で、
血液が固まるまでの時間を示します。

急性肝炎、肝硬変、劇症肝炎などで肝機能が低下すると、
肝臓のプロトロンビンを合成する能力が下がって
プロトロンビン時間は長くなります。

6-12.γ-グロブリン

基準値:10.8~24.2%

アルブミンと同じ血清タンパクのひとつで、
免疫作用に重要な役割を果たす物質です。

肝機能が低下するとアルブミンが減少しますが、
一方でγ-グロブリンの量が増加します。

その結果、アルブミン(A)とγ-グロブリン(G)を比較する
A/G比という検査も有用です。

この結果、肝機能の低下と相関してA/Gは低下します。

2018年 4月 10日 記述

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です