投資と戦

金融商品の売買の成立は勝ち負けの側面もあります。

広告

 

  • 売る方にも買う方にも其々思惑がある

別に書いているブログに、何回か戦争と投資として取り上げました。

しかし、売買には要因があります。

買う側、売る側の双方に思惑があり、

『より安値で買い叩く』とか『高く吊り上げて押し付ける』

とか

何でもいいから直ぐに引き取って~』

と様々です。

これらの思惑のなかで、

状況に応じてお互い何割か妥協し、

その結果として売買が成立します。

妥協を如何にして削れるか?がリターンに直結する

重要なポイントな訳です。

ここにせめぎ合いが生じて、

その処理の上手い下手が個人差、

経験の差として効いてくると思います。

広告

  • 定石をまずは知る

こういうのって、スポーツでも将棋などのボードゲームも

大体同じようなことが言えるとは思います。

個人的には将棋が最も近い気がします。

もらった駒(お金)をいつでも投下して良いという面がありますからね。

ただし、投資は最初から駒の数に個人差が大きく、多面的な同時戦争形式ですけど。

こういう折衝事、争い事である以上、

最低限の定石を踏まえる必要があります。

その定石は、矢倉やなか飛車等の戦法、及び詰め将棋の問題集のようなものですかね。

これら全てが最低限のレベルにならないと

基本的にリターンに繋がらない可能性が高いです。

あと、明らかに弱い相手を探すのも

宮本武蔵みたいでいい戦略ではあります。

とにかく勝つためにどうすればいいか?

勝つとは何か?

を一生懸命考え続けることが重要かなと思います。

このテーマは個人的に思い入れがあるので、

時間が出来たら、もっと具体的に掘り下げてみたいなぁとは思います。

いつできるかは不明ですけど。

2015年9月22日

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です