そーせいとノルレボ

そーせいが承認させた最初の薬であるノルレボ。
私の保有期間はまだ5年弱ですが、
長期ホルダーの方々には思い入れがある製品でしょう。

今となってはCOPD薬やヘプタレス社の薬が大きくて
目立ちにくいですが、確実に収益を伸ばしている薬ですし、
ローリスク・ミドルリターンというそーせいの方針が詰まった薬です。

そのため、これを見届けることは今後のそーせいを考える上で
非常に重要だと考えています。
色々と考えを整理するためにメモを。

1.契約関係

前にスケジュール用にまとめた内容を再度転載。
そーせい 予定・予想スケジュール(草案2 ノルレボ・ロラミック)

そーせい初の承認薬である緊急避妊薬。
承認当時には株主ではありませんでしたが、
これを承認させてからそーせいという企業が大きな一歩を踏み出した
転換点となる薬です。

こちらの薬に関する情報は販売開始のIRで概要がありますので、引用を。

ノルレボは、望まれない妊娠が危惧された場合に、性交後 72 時間以内に女性が服用すること により避妊効果が期待される緊急避妊薬です。有効成分 levonorgestrel(合成黄体ホルモン) は、WHO(世界保健機関)により緊急避妊用のエッセンシャルドラッグとして指定されておりま す。 そーせいは、2001 年4月にラボラトワール・エイチアールエー・ファルマ(Laboratoire HRA Pharma、フランス)より日本およびオーストラリアにおける開発・販売権を取得いたしました。 ノルレボは、1999 年にフランスで発売以来、これまで世界約 50 ヶ国で承認されていますが、日 本においては、そーせいが臨床試験を実施し、2011 年 2 月に製造販売承認を取得いたしました。 また、そーせいは 2009 年 11 月にあすか製薬と国内販売権導出契約を締結いたしました。

引用 緊急避妊薬「ノルレボⓇ錠 0.75mg」の発売に関するお知らせ (そーせいHP)

ちなみに、オーストラリアでは組んでいる相手が違いまして、
サンド社という企業に販売は任せています。
参照 当社開発品 SOH-075 のサブライセンス契約締結について

脇道にそれましたてすみません。話を国内に戻します。
もう国内の製造販売承認をそーせいは持ちません。

2014 年1月 27 日をもってそーせいが有する製造販売承認をあすか製薬に承継いたしましたので、お知らせいたします。

~省略~

人材リソースの配分、費用負担と利益のバランスを鑑みて、製造販売承認をあすか製薬に承継することといたしました。本契約に基づき、そーせいはあすか製薬より 2020 年までノルレボの販売高に応じた対価を受領いたします。

引用 緊急避妊薬「ノルレボⓇ錠 0.75mg」の製造販売承認承継に関するお知らせ (そーせいHP)

上記のため、2020年までロイヤリティー的なものを貰えますが、
それ以降は収益が発生しません。
年商8.5億円(去年度)に対して、ロイヤリティーはたぶん20%強ですかね?
後できちんと調べなおしてみます。

一応、この薬はまだまだ伸びていまして、年間10%以上の成長をキープしております。
参照 平成28年3月期 第1四半期決算短信(あすか製薬HP)

2020年までに年商10億円以上の商品になっているかなと思います。
すると、サンド社分も含めて
そーせいの手元にこの5年間で総額10億円以上入ってきそうです。

承認活動でもめたので、単独で元が取れたかはよくわかりません。

あと、先ほど引用しましたが、
あすか製薬の四半期決算短信などにノルレボの販売額が載っていますので、
金額として小さくはないので、随時確認されることをおススメします。

2.売上の推移

時間がないので、売り上げの推移を簡単にメモ。(全て単位は億円)

2012年度3月期
? ⇒ 1.8 ⇒ 2.5 ⇒ 3.8

2013年度3月期
0.8 ⇒ 2.3 ⇒ 3.7 ⇒ 5.4 (通期見込み2Q時 7.8、3Q時 5.5)

2014年度3月期
1.6 ⇒ 3.2 ⇒ 5.3 ⇒ 7.0 (通期見込み1Q時 6.9、2Q時 6.7、3Q時 6.7)

2015年度3月期
2.0 ⇒ 4.0 ⇒ 6.4 ⇒ 8.5 (通期見込み1Q時 7.4、2Q時 7.5、3Q 8.0)

2016年度3月期
2.3 ⇒ 5.0 ⇒ (通期見込み1Q時 8.3、2Q時 10.2)

引用 決算短信・決算説明会 (あすか製薬HP)

その他リンク(私の過去の記事。必要ないかな(笑))
久々にノルレボ そーせいノルレボ売上 そーせい雑感

リンク先(私の過去の記事)はもっとたくさんあるんでしょうが、
時間がないので2つだけ載せてみました。

気になるのが、保守的な予想であったあすか製薬の予測が
2016年3月度には10億円以上まで増やしていることですね。
認知度も増えたことで需要が増えてきたのかもしれません。
また、2020年以降はあすか単独になったことも販促への意欲UPになったのかも。

2015年11月8日 記述
2015年11月8日 最終修正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です