資産の経緯(サイト立ち上げ前、2001年~2003年)

私がどの程度のレベルで資産を運用してきたかをざっくりと記します。

広告

 

  • 私の下手さを晒す

どの程度のレベルで立ち回っていたかを見た方が、

このサイトの管理者のイメージがわきやすいと思いますので。

序盤は特に残念ですよ、今でもですが(笑)

以下は、記憶している内容と、資産推移、おおよそのパフォーマンスです。

 

下記のパフォーマンスは、一般的な使い方ではなく、

「年末の投資用資金(含み益を含む)」を

「投資外(バイトや給料)から投資資金に充てたお金」で割った数字で書いています。

特に昔はせわしなく口座をお金が行き来していましたので、

計算するのが面倒だったためです。ものぐさですみません。

 

  • 2001年 投資原資 25万円  パフォーマンス -15%程度

   9.11で値下がりしていた相場を見て、大手証券会社で口座を開設して、

   CCC(TSUTAYAの会社)を購入。

   リバウンドで含み益はでたものの、欲張って売り時を逃し、

   モヤモヤしながら株価とにらめっこ。(塩漬け状態)

   ちょっとづつテレ東の番組(ワールドビジネスサテライト等)にお世話になっていました。

  • 2002年 投資原資 30万円  パフォーマンス -3%程度

   資本が小さいことの厳しさを感じ始めます。

   30万円を10%でも3万円ですし、

   のんびりやっていてもバイトの時給分にもなりゃしない、と。

   そして、資本効率を上げるためにスイングを始めました。

   (トレード環境的にデイは無理だと感じたため)

   触る銘柄は東証一部の中でも大型の銘柄。理由は倒産リスクが限りなく小さいためです。

   (スイングならあまり関係ないだろ?というツッコミは甘んじて受けます。)

広告

 

  • 2003年 投資原資 40万円  パフォーマンス +6%程度

   スイングをたまにやりながら、PERやPBR等の基本指標との株価の関係性、

   各業種と指標との連動性、などなど定量的な指標に対してようやく意識を始めますが、

   短信や有報は文字が多いという寒い理由でスルー。

   アホくさいことですが、スイングをしているにもかかわらず、

   手数料が高い大手証券会社を未だにメインで使い続けてました。

   大手証券会社のメリットがなにかも分かっていないで、

   単純に惰性なだけです。。。

   相当残念ですね。

   そういうポイントを一つ一つ修正できていない時点で、

   結果がついてくるわけないんだろうなぁと今は思ったりします。

   つづく。(資産の経緯(サイト立ち上げ前、2004年~2006年)

 

  しかし、パフォーマンスを含めて残念ですねー。

2015年8月23日

広告

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です