節約と投資

投資をするうえで、投資へのプレッシャーを減らす努力は必要です。

そういう意味では、生活に必要不可欠な費用をどのようにして下げて、

そのことで稼ぐ必要のあるお金をどれだけ圧縮できるかが

特に初期の投資家に必要なプロセスではないかと思っています。

広告

 

  • まずは大きなお金から削るべき

当たり前ですが、100円を削る前に1000円を削ることをまずはやるべきです。

家、車、保険への出費が大きな人はそこから整理するべきでしょう。

 

家(住居)でしたら、

家賃をいかに安くすませるかを考えるべきで、

実家へ寄生する、寮を利用する、若干不便な場所にする等の方法が良いでしょう。

 

車でしたら、

まずはそれが必要かを考え、

それから小さい車にする、長く乗る、保険を安いものに切り替える等でしょうか?

 

基本的には、必要・不必要な項目を如何にして区分けできるか?にかかっています。

 

また、携帯電話も非常に大きな出費の一つになりますので、

スマホが本当に必要か?必要なら今のプランや今のキャリアで本当に大丈夫?を

少しずつ詰めていく必要があります。

 

他にも会社での飲み会等の付き合いも

一定以上は省くことができるかもしれませんので再考が必要です。

 

広告

 

  • 無理は百害しかない

しかし、切り詰めていくのはいいですが、

急激に切り詰めてしまう or 過剰に切り詰めてしまうと

大体は失敗してリバウンドしてしまいます。

 

ミニ四駆のボデー軽量化と同じように、

バランスを考えて、少しずつ丁寧に取捨選択をするべきです。

そうでないと、自分のストレスや周囲との関係性などが壊れてしまい、

一気にコースアウトしちゃいます。

普通の人間は徐々にしか対応できない環境に対応できませんので、

少しずつでいいのです。

逆に少しずつを本当に長く長く続けることが重要で、

続けてさえいれば、少なからず効果はあります。

 

その効果を急ぐことも急激な変化と同じく、

絶対にやってはいけません。

 

  • 続けているうちに見える自分

節約って、自分を客観的に見直す作業でもあります。

必要なものと不要なものを分類することは、

それらが自分を構成する重要なピースとして見えるからです。

その重要なピースを見つめることで、

それ自体が投資への重要な判断材料にもなりえます。

 

自分の興味が何か?(音楽?車?アニメ?)

必要な物資とは何か?(特定のファストフードの商品?テレビ?ネット?)

等々

 

多くの分別作業の後に残ったものって

それに関係する銘柄検索をすれば、

他の人よりも絶対的に有利に立てやすいはずです。

だって自分の注意がある範囲のものなんですから。

 

そういう意味では、節約って投資資金を貯める、

投資生活へのプレッシャーを減らすだけでなく、

投資活動そのものを補助する可能性があると考えられますので、

節約を甘く見ないでコツコツと続けてみると何かしらの良い影響を期待できるはずです。

 

もちろん、投資で成功しても貧しく暮らせと言っているわけではないので、

誤解なきように。

 

2015年9月27日 記述

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です