フットワークと性格と投資

どんなことも適当に手を出すことって面白いです。
興味の赴くままに、右から左へ。

広告

 

  • 最初は何事も面白い

例えば、英語を始めたときに、

ハローやサンキューを言えるだけでウキウキしたことでしょう。

しかし、そこから数字を覚えて、

日常会話を覚えて、ビジネス会話を覚えて、

小説を読んで。。。

どんどん発展していくうちに、

何らかの壁にぶつかり、

面白かったことを忘れて、ただ辛い時期もやって来ます。

そのときに無理をせずに新しい分野へ飛び出すのも素敵ですし、

頑張って克服することも素敵です。

 

  • どこかで壁にぶつかる

ただ、目的もなく中途半端に居残って、

特段の改善案も試さずに時間だけを費やし、

時間の経過だけを拠り所にして離れてしまうことが

最悪の事態じゃないかと思います。

それに強制がついた場合。。。

広告

 

  • どこかで切り替える

ダメならダメ、嫌なら嫌、やるならやる。

割りきりと忍耐とのバランスは難しいものですが、

難しいからこそ重要です。

自分がどちらがどうあるべきか?

その一瞬一瞬を大事に重ねることが出来ていければ、

自ずと道は拓けると思っています。

お金の為に時間を費やすでも、

時間の為にお金を費やすでも本当は大きな差はなくて、

その目的がはっきりして、

そこへ遂行しているかどうかじゃないでしょうか?

誤解してはいけませんが、

自分の性格が我慢強いから常に耐えるという選択をすること自体も

間違っていると考えていまして、

そういう条件反射的な我慢は忍耐でなく、怠惰です。

その辺までしっかりと考えて自分を律する試行を繰り返すことが成長であり、

将来のために繋がると思います。

何様?と思われたあなた、

これは自分のために書いているので、

私が一番できてないからメモって戒めているわけです。

とにかく結果を見ずとも正しい判断と区別できる思考へ近づきたいですね。

今の自分から、相当遠くにある場所でしょうけど。

2015年9月24日 記述

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です