運用目標(短期)

基本的に、資産運用は不確定な情報を選択して売買した結果であり、

それ以上でもそれ以下でもありません。

広告

 

  • 近々のリターンの目標は持たない

それはつまり、その選択された将来も不確定なわけで、

どんなに頑張って選択しても、

特に短期的な株価や収益性の予想は困難だと思っています。

(一部の有能なトレーダーさんたちは除く)

 

なので、年率10%を目標にするとか、

3年で1億円を達成するとか、

そういったことはなるべく私は考えないようにしています。

 

なぜなら、単に予想できないだけでなく、

目標達成のために無理なトレードを呼び込んでしまった経験があるからです。

 

欲を出してちょっとでも無理をした場合に大体刈られるというのが定説です。

もちろん、私もしょっちゅうそれを経験しています。。。

 

広告

 

  • 焦らない(心を乱さない)ことが近道

多くの場合で、意固地になってしまうんですよね。

「こうなるはずだ。」と。

元々頑固な性格なので、少しでも緩和するためには

無駄な目標を設定しないことが重要だと最近感じます。

 

一方で、全く目標もなく続けることが本当にいいことなのか?という疑問もあります。

目標がなければ、意識的な改善なども怠り、成長が期待できませんし、

何よりやっていて楽しくありませんからね(笑)

 

投資で最も重要と言われている「継続性」に疑義が出ます。

 

株式投資は長く続けることが重要と言われておりますし、

そのためにも楽しまなければ普通の人は損して簡単に退場です。

そうならないために、目標をとりあえず作ることで、

一定以上のモチベーションを保ち続ける工夫すべきです。

 

そして、短期的な目標が最もモチベーションへ繋がるので、

無理なトレードに繋がらない(大損をしにくい)短期目標を設定します。

 

というわけで、今年の目標ですが、

それは、「今持っている銘柄(そーせい)の株数を100株以上増やす」 に決めています。

 

  • そうは言っても数字を欲しがる

目標資産とか株価じゃないの?

はい、そうです。

 

先に書きましたように、

株価は情報が足りない状況でユラユラしているだけなので、

そこが関係する目標は短期(私で言うと1年程度)で作るべきではないと思います。

(中・長期ならいいと思いますが)

 

貧乏リーマンである私にできることは、

いつか来るビッグウェーブに少しでも多く恩恵を得られる準備として、

少々の小遣いと貸株などによる買い増す位ですね。

 

とは言っても、今の暴落後の株価ですら50万円前後ですから、

正直難しいかなと思っています、すでに(笑)

 

中期目標等に関しては、また別で書きたいです。

 

 

2015年8月26日

広告

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です