肝臓について(4.肝硬変)

肝臓についての調査の続きです。

今回は肝硬変を中心に。

肝炎から症状が進んで肝硬変に。

ここまで来ちゃうとイエローというよりも
レッドカードに近い状態です。

参考・引用先は主にこちらです。

肝硬変の栄養療法の考えかた(大塚製薬HP)

肝臓(中外製薬)

かんたん! 肝臓のしくみ(肝機能ナビ)

肝臓とは(よくわかる肝臓の病気 疾肝啓発)

肝臓(Wikipedia)

肝臓のしくみとはたらき(コトバンク)

その他資料(図解でわかる肝臓病等)をみながら説明します。

広告

4.肝臓の病気(肝硬変)

肝臓はもともと表面がつるつるで滑らかです。

それが炎症を慢性肝炎で長期化すると
次第にゴツゴツとして凹凸が出てきます。

これは肝臓全体に線維化が起こって、
本来の弾性が失われて硬くなってしまうからです。

この肝硬変も進行の時期で
「代償期」と「非代償期」があるようです。

4-1.代償期

慢性肝炎から肝硬変は急変じゃなく、
何年もかけて変化します。

代償期はまだ余力がある状態で肝臓機能もまだ活動量が多い。

そのため、症状としては全身の倦怠感、
食欲不振などはみられるものの、
外見までへの影響は限定的です。

なので、本人の自覚がポイントになります。

ここで治療していけば、
比較的症状悪化は緩やかになるかもしれません。

健康へ不可逆の領域まで行けば、
現在ではかなり苦しい。。。

広告

4-2.非代償期

代償期から時間をかけて非代償期へ移行します。
こっちはもう不可逆の領域。

非代償期はもう肝臓の機能低下が大きいために
それに伴う病状も著しく悪化していしまいます。

黄疸やくも状血管腫、腹水などがでてきて、
外見からでも疾患状態がわかるようになります。

ただ、これが問題というよりは
むしろ体内に起こる変化が危険です。

食道や胃静脈が破裂したり、
発がん性が急上昇したり。

肝性脳症も発症しやすくなります。
肝臓機能が低下することで老廃物などの毒素がそのまま
血液中に残ってしまいます。

その結果脳や神経系への悪影響を受け、
様々な障害を引き起こすわけです。

怖いですね。
何も考えないで働いてくれているところが
動かなくなるというのは、
じっくり考えれば考えるほど恐ろしい。

今まで肝臓をあまり知らなかったので、
尚更怖いなと思います。

2018年 4月 7日 記述

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です