肝臓について(3-3.肝炎(アルコール性、NASH))

肝臓についての調査の続きです。

今回はアルコール性肝炎、脂肪肝、NASHを中心に。

お酒飲みは休肝日を作りましょうと言われるように
肝臓に大きな負担をかけます。

脂肪肝も問題でそこからNASHになったり。

参考・引用先は主にこちらです。

肝硬変の栄養療法の考えかた(大塚製薬HP)

肝臓(中外製薬)

かんたん! 肝臓のしくみ(肝機能ナビ)

肝臓とは(よくわかる肝臓の病気 疾肝啓発)

肝臓(Wikipedia)

肝臓のしくみとはたらき(コトバンク)

その他資料(図解でわかる肝臓病等)をみながら説明します。

広告

3.肝臓の病気(肝炎)

先に書いたので今回は割愛します。

3-2.肝炎について(原因による分類)

原因についてはウイルス性等の大きく6つ。

1.ウイルス性肝炎
2.アルコール性肝障害
3.非アルコール性脂肪肝障害(NASH)
4.薬物性肝障害
5.自己免疫性肝障害(AIH)
6.原発性肝汁性胆管炎(PBC)

今回はアルコール性や脂肪肝等を中心に。

3-2-2.アルコール性肝障害

飲酒が原因で発症する肝炎です。

毎日3合以上の日本酒を10年で
ほとんどの人がアルコール性肝炎になるそうです。

飲酒による肝臓への影響を簡単に。

飲酒
⇒吸収されたアルコールが腸で吸収
⇒門脈
⇒肝臓
⇒3種の経路(アルコール脱水酵素、ミクロソームエタノール酸化系、カタラーゼ系)
⇒アセトアルデヒド(毒性が高い)に分解
⇒アセトアルデヒド脱水酵素で酢酸に分解
⇒二酸化炭素と水になり体外へ

この流れで少量ならいいのですが、
過度の場合にはこの分解を急いでやるために
他の代謝が後回しになってしまいます。

その結果、肝臓の大事な機能の一つの「脂肪の代謝」が
不十分になるわけです。

それが中性脂肪を肝臓に蓄積することにつながり、
脂肪肝になっていくわけですね。

この脂肪が肝臓の線維化(肝硬変へ)につながり、
アルコール性肝硬変になるわけですね。

このメカニズム以外にも
細胞や遺伝子を傷つける活性酸素が増え、
発がん性を促進するという話もあります。

アルコールを常用している人ではそうでない人よりも
2年後に肝硬変になる確率が
5倍以上になるという話もあるそうです。

広告

3-2-3.非アルコール性脂肪肝障害(NASH)

アルコール性の脂肪肝障害は多いのですが、
それ以外にも脂肪肝が発生することがあります。

そういった脂肪肝生涯の中で
肥満や生活習慣病によって起こる脂肪肝を総称して
非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)と呼びます。

その中でも肝炎や肝細胞障害、線維化を伴うものを
被アルコール性脂肪肝炎(NASH)といいます。

脂肪肝自体は日本の人口の30%。
そのうち10%がNASHである可能性が高いと言われます。

NASHは10年後に15%前後が肝硬変に、
その後に肝癌になります。

放置すると危険です。

これを予防するためには
脂肪肝をスクリーニングする必要が有り、
メタボ健診などがあります。

他にもCT検査での内臓脂肪の確認、
LDLコレステロールの値等をみることも重要です。

 

このNASHはMiNA社のMTL-CEBPAの治験計画の範囲でありますので、
気になりますね。

疾患といっても脂肪肝が原因で、
それを治療するということになると
薬でどうにかなるものなか?という感じになりますが。。。

どうなんでしょうね。

2018年 4月 5日 記述

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です