肝臓について(1.主な特徴)

先日のMTL-CEBPAの前臨床試験の調査をして、
その後に色々と調査をしている中で
もっともっと基本的なことを知らないと
全く理解が進まないことに気づきました。

今更という感じですかね(笑)

現在の実力不足は仕方ないことなので、
とりあえずは出来ることを出来るペースで
積み上げていきたいなと思って勉強を。

広告

製薬会社のサイト等でいくつかまとまっているので、
こちらを主に参考にしていこうと思います。

引用はこちら
肝硬変の栄養療法の考えかた(大塚製薬HP)

肝臓(中外製薬)

かんたん! 肝臓のしくみ(肝機能ナビ)

肝臓とは(よくわかる肝臓の病気 疾肝啓発)

肝臓(Wikipedia)

肝臓のしくみとはたらき(コトバンク)

1.肝臓の特徴

臓器は全て大事ですが、
特に重要な臓器である肝臓。

その特徴は主に3つあります。

1-1.体内で最も大きな臓器

大人の体重の50分の1ほどの大きさ、重さだそうです。
(成人で1~1.2Kg程度)

心臓が最も重いかなと勝手に思い込んでいましたが、
全く違います。

臓器の重さに参考になるサイトがあったので、
リンクを張っておきます。

身体指標・臓器重量(東京都健康長寿医療センター)

高齢者の平均ですが、大雑把には成人全体と近いと思います。

脳が最も重くて1.2Kg程度、
その次に肝臓0.9Kg程度、
次に肺が0.4Kg×2、
やっと心臓で0.35Kg。

その他は0.1Kg程度かそれ以下です。

こうやって並べてみると、かなり肝臓が大きいことがわかります。

広告

1-2.再生能力が高い

たった一つしかないというのもあってか
異常に再生能力が高いです。

ラットなどの実験では、
2/3を切り取っても1週間ほどで元に戻るほどの回復力があるそうです。

トカゲのしっぽやサメの歯みたい。

ほかの臓器も大事だとは思いますが、
肝臓はかなりキーとなる臓器なんでしょうね。

1-3.500以上の化学変化を起こす

アンモニア⇒尿素への分解は有名ですが、
それは数ある肝臓の働きの1つです。

数千と言われる酵素を使って
複雑な化学変化を引き起こします。

その働きを人工で模擬しようとしても
技術的に難しいと言われているそうです。
(中外製薬HPより)

そのため、肝細胞と人工装置との組み合わせによる
ハイブリッド型の人工肝臓が主流となっているそうです。
(Wikipediaより)

 

簡単に主な特徴を列挙しましたが、
これだけでもかなり重要な臓器だとわかります。

肺や心臓はすぐに自覚があるので
より重要さを感じてしまいますが、
担っている役割や人工臓器の代用が難しいことを考えると、
肝臓は特に大切にしないといけないですね。

2018年 3月 31日 記述

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です